新型ウイルス 売り上げ急減した中小企業の全額保証実施へ

 

対象範囲は、売り上げや利用者の数などが前の年の同じ月と比べて20%以上減少しその後も落ち込みが見込まれる中小企業。

現在の借入金までが対象」というところで、どこまで救済対象の企業があるのか、懐疑的ではあります。
新規に借入れができないとセーフティネットとしては厳しいところがありそうです。

 

 

新型コロナウイルスの感染拡大で中小企業の経営に影響が出ていることから、政府は、売り上げが急激に減った企業を対象に、「セーフティネット保証」と呼ばれる各地の信用保証協会が中小企業の借入金を100%保証する制度をすべての都道府県で実施することを決めました。

記事引用元:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200228/k10012305951000.html

 

みんなの反応